相続税計算シミュレーション

「相続税の計算シミュレーション」を使うと、財産や債務を相続した場合の相続税額の概算をすぐに計算することができます。
※配偶者、子、親、兄弟は、被相続人(亡くなった方)から見て対象となる人を入力してください
※シミュレーション結果はあくまで目安の数値です。より詳しい税額を知りたい方は、相談フォームよりお問い合わせください。

配偶者

配偶者の遺産取得割合

?

相続順位上位がいるため、法定相続人に含まれません。

兄弟

相続順位上位がいるため、法定相続人に含まれません。

相続財産総額

万円

入力例)1億2千万円の場合「12000」とご入力ください。

財産ごとに詳細入力(任意)

現金・預貯金

万円

不動産
(土地家屋)

万円

死亡保険金

万円

その他財産

万円

有価証券、株等

債務

万円

シミュレーション結果

判定:相続税申告が必要です!

判定:相続税申告は不要です!

相続税額

相続税額
(配偶者控除適用後)

純資産価格

法定相続人人数

基礎控除額

死亡保険金の非課税額

相続税申告が必要な方へ

イラスト:砂時計を見る二人

亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に相続税申告を終わらせる必要があります。
相続税申告は最低でも3ヶ月かかることを見込んで、はやいうちから準備することが大切です。
まずは、税理士探しと、必要書類の収集から始めてみましょう!
【全国対応】相続税無料相談フォームからお問い合わせください。

相続税申告が不要な方へ

イラスト:チェックリストを全て埋めた状態

相続した財産の総額が、基礎控除額以下だった場合、相続税申告は不要です。

相続した財産の総額が、基礎控除額ギリギリだった人は、相続財産に漏れがないか確認しましょう。
「ゴルフの会員権や車、貴金属、相続開始前3年以内に行われた贈与……」も相続財産に含まれます。
また、亡くなる数年前にに預貯金口座からお金を引き出し、相続人がこっそり受け取っていたという場合も、相続財産に含まれる場合があります。不安な方は一度、相続税専門の税理士に相談しましょう。【全国対応】相続税申告の無料相談

相続した財産の総額が、基礎控除額を大きく下回る人は、相続税申告の必要はないと言えるでしょう。
相続税申告以外にも、期限がある相続手続きもあるので、一度相続手続き一覧を確認しましょう!

配偶者控除について

イラスト:申告書を作成する男性

配偶者控除を適用して相続税額が0円だった場合も、相続税申告は必要です。
また、今回の相続で配偶者控除を可能な限り利用してしまうと、二次相続の際に損するケースもあります。
一度相続税専門の税理士に節税方法を相談しましょう
【全国対応】二次相続の無料相談

不動産を相続した方必見

イラスト:不動産をチェックする人

相続税専門の税理士に不動産(土地)評価を依頼したほうが、相続税額を抑えられる可能性があります。
土地評価は税理士が行っても難しく、「適正な土地評価」は相続税申告で一番困難な作業と言えます。
申告を依頼する税理士を間違えてしまえば、数十万円~数億円相続税で損する可能性があります。
一度「相続税に強い税理士の選び方を」ご確認ください。